滋賀県支部「第9回通常総会」に出席

4月22日(日)に開かれた滋賀県支部の総会に出席して来ました。
会場は大津市にある滋賀県立県民交流センター「ピアザ淡海(おうみ)」3階の会議室でした。

ピアザ淡海

10時からの受付に間に合う為には、7時東京駅発の「のぞみ203号」で京都へ行き、山陽本線で大津に戻るのが最短とのご案内を滋賀県支部長からいただきました。
東京の外れに住む身としてはいささか難儀。同じくご案内にあった、総会会場と同じ建物にある「ホテルピアザびわ湖」に前泊することにしました。

窓からは、びわ湖が一望(と言っても『びわの湖』は広く、視界に入るのは湖南の一部に過ぎませんが)出来る素晴らしい10階の部屋でした。

前泊のお蔭で、すっかり桜が散り、静けさが戻った三井寺や、大津祭には曳山が通るアーケード街、旧東海道に残る古い家並みなど、大津の街を散策することが出来ました。

総会当日は生憎の雨。しかも風が強く荒れ模様。そんな中を近畿ブロックの兵庫・関西・京都・奈良・の各支部から支部長や副支部長が駆けつけ、ブロック連携活動の活発さを伺わせました。

会場の会議室には40名弱が集まり、先ず全員で物故者への黙祷を捧げました。
議案の審議の前に、悪天候の中出席された4名の新入会員が紹介され、起立して挨拶しました。

「第9回通常総会」は、村上佳紀支部長が議長を務め、進行しました。
事業報告では「井戸端会議」と称される勉強会、びわ湖を取り巻き広く散らばる地域ごとの「親睦会」、支部役員が会員に電話で消息の把握をはかったり、会費納入の案内をする「癒しの電話」活動などが報告されました。
収支決算・監査報告、平成24年度事業活動計画・収支予算書が承認された後の、第5号議案「役員改選」では、9名の役員の内7名が新任・昇任、2名が退任と大幅な改選が承認され、来年の第10回記念総会を迎える態勢が整ったとの事でした。

山岡先生_講演


 続く講演会は山岡 修先生(社会保険滋賀病院救急部部長)の「大事な人を救うために」と題し、年間6万人と言われる心臓突然死を救うための手だてが語られました。1986年にバレーボールの試合中突然死したダイエーのハイマン選手の例や2002年に亡くなった高円宮の例から、近代の蘇生・教育の歴史(除細動器・心臓マッサージ・口対口の人口呼吸法)を振り返りました。

心室細動を起こした人へAEDを使用して蘇生した際に記録された実際の心電図の変化や、スポーツ中継中に心停止した選手をAEDで救うショッキングな映像を示し、AED普及と、その操作の熟知の必要性を解説され、最後に高円宮が残したメッセージ曲を流して締めくくりました。

お弁当

 記念撮影の後は、お弁当を食べながらの懇談となり、会場が賑わいました。

Q&A

昼食後は、山岡先生に、粟津篤司先生(大津赤十字病院心臓血管外科副部長)が加わる「Q&A」でした。
*MRI検査が受けられないデメリットは?
*ペースメーカーを植込み後に不整脈が出た、主治医に聞いても理解出来ない。
*感染症予防のために気を付けるべき事は?
*BNP値が40から400に上がった。設定を50から60に上げた事と関係無いか?
*自脈が無くなったと言われたが、それは心臓の機能が悪くなったことか?
等々に回答されました。

 非常に和やかでザックバランな雰囲気でのやり取りは、関西弁の柔らかさだけではなく、親密な関係にある支部顧問医師と会員の信頼関係にあるのではと感じました。

 「毎回毎回なので、もう出尽くしたでしょう」と、おっしゃる山岡先生の言葉通りに、Q&Aは定刻の前に終了し、和田副支部長の閉会の言葉で総会は終了しました。
(M)




コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした

はるばるお疲れ様でした。役員さんの細かい心遣いなどいろいろと
学ぶことが多いですね。 新幹線の移動は大変ですが、他の支部の様子が良くわかって、これからの活動の参考にさせていただけるといいですね。
プロフィール

東京支部

Author:東京支部
PM友の会東京支部のブログへようこそ!
ペースメーカーに支えられた、いとしい命を精一杯大切にして、豊かな人生をおくりましょう。

 東京支部ホームページへは
 こちらから…
  東京支部ホームページへ


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
最新記事
最新コメント
Question
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター