スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます

2017富士山

年末に連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』通称『逃げ恥』が話題になりました。
大学院卒なのに内定がゼロの主人公が究極の就職先として採用されたのがIT企業に勤める彼女無い歴35年の男性宅での「家事代行」、昔風に言えば、住込みの「女中さん」でした。
体面を保つため、綿密な文書を交わしての契約結婚の形をとり、「雇用主」と「従業員」の関係になります。

さて、二人の関係や親、姉妹、会社の同僚との間にどんな波乱が、といったラブコメディですが、二人の間に愛が芽生え「結婚」へと進むと、雇用関係は解消され給与は支払われないことになります。
プロポーズした彼への答えは「それって、愛情の搾取じゃありませんか」

結婚

「契約結婚」と「結婚」の違いは?「家事」は「仕事」なのか?「専業主婦」は「無償の従業員」なのか?「夫」は「雇用主」なのか?「愛情」は「無償」なのか?
ドラマは喜劇的に展開されますが、提起される問題は中々リアルです。

このドラマが始まる少し前に、妻が腰椎の圧迫骨折で3ヵ月間自宅での寝たきりとなり、突然「家事」と「介護」が、わたしのところにやって来ました。
退職して年金生活に入ってからは、「掃除」と「食器洗い」程度の「手伝い」はしていましたが、その他の家事はほぼ初体験。
その大変さと自分の不器用さが再認識され、ドラマの「結婚観」を笑いながらも考えさせられました。

わたしの「主夫業」の結果は、『何とかなるさ』でしたが、いい加減な「料理」にも、美味しいと言ってくれることがどんなに励ましになるか、身に沁みました。

支部会員の平均年齢が76.6歳ですから、多くの方が自由の身となり、家庭内「雇用主」の座から降りていると思います。
「専業主婦・夫」も「愛情の搾取」も無い「家庭」ばかりだと良いのですが。
新しい年の始まりに、体験を踏まえたうえで、夫婦のありかたを少し考えてみたいと思いました。

老後

今年も、よろしくお願い申し上げます。
支部長 村林 信一







コメントの投稿

非公開コメント

No title

「逃げ恥」私も見てきました。「恋ダンス」に夢中になれる若い世代と違って、いろいろ考えさせられるドラマでした。今年はお二人揃って元気に過ごせますように、心からお祈りしています。

プロフィール

東京支部

Author:東京支部
PM友の会東京支部のブログへようこそ!
ペースメーカーに支えられた、いとしい命を精一杯大切にして、豊かな人生をおくりましょう。

 東京支部ホームページへは
 こちらから…
  東京支部ホームページへ


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


カテゴリ
最新記事
最新コメント
Question
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。