茶話会を開きました

3月20日(日)1:30から、下北沢の“らぷらす”に於いて茶話会を開きました。
やっと春めいてダウンコートからも解放され、お彼岸と重なって心配された参加者も
51名と、ほぼ予測に近い人数が集まり、お茶菓子を用意した役員もほっとしました。
お知らせを掲載した「せたがや区報」を見て参加された会員外の方も数名あり
活発に意見交換をされていました。

DSCN0910.jpg


議題はまず配られた資料の【遠隔モニタリングシステム】についての説明と
実際に利用されている会員の話を聞くことから始まりました。
 この方は、何事にも大変熱心に取り組む会員で、このシステムについても、
別の会員が「使い方が分からない」と持参されたデーター伝送用の中継器を
見せながら、丁寧に説明をされました。
 「自分の身体を医師任せにしない」という考え方は、東京支部のホームページ
冒頭の言葉とも重なり、おおいに触発されました。

家庭で使うIH(電磁)調理器については、女性会員の発言が多く、利用者が
予想以上に多く驚きました。

又、日頃医師に相談しても聞いてもらえない悩みを切々と訴える方もあり、
解決はできませんが、話したことで少しは気が軽くなられたのかしら?と思っています。

「ペースメーカーを植え込んで、まだ2か月」という会員の方は受付でも、「傷口が
痛い痛い」と訴えていました。植込み歴35年の役員に「大丈夫よ、帰るころには
収まるから」と言われて、疑わしそうにしていましたが、閉会後はすっかり元気になって、
「参加して良かったです!」と明るく帰っていかれたのが印象的でした。

こういった誰にも相談できず悩んでいる方を、一人でも多く力づけてあげられたら、
この茶話会の目的は果たされたと思います。
 これをきっかけに、他の行事にも参加されて、PM仲間と話し合われることで
解決する事が多々あるのですから…。

会場を出ていく参加者の後ろ姿を見て、ほーっとしている役員の皆さん、
本当にご苦労様でした。  h.n

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京支部

Author:東京支部
PM友の会東京支部のブログへようこそ!
ペースメーカーに支えられた、いとしい命を精一杯大切にして、豊かな人生をおくりましょう。

 東京支部ホームページへは
 こちらから…
  東京支部ホームページへ


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
最新記事
最新コメント
Question
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター