群馬県支部総会に出席しました

5月18日(土)13時から開かれた「第2回総会」に出席しました。

総会資料

群馬県支部は、昨年9月23日に設立総会を開催したばかりで、現在会員数が32名の出来立ての支部です。
会場は、高崎市の「関越中央病院」内の会議室でしたが、同病院が強力にバックアップしていて、会場費も機材も無料で貸していただいているとの事でした。

先ず眼に飛び込んだのは、会場前の廊下に展示された絵と力強い書でした。
支部役員であるHさんのご子息が描いたものでした。
ご子息もペースメーカーの装着者であり、出生時から長期間、人工呼吸器を使用していた為、脳にも障害が残ったとの事です。

書画2

実質、初めての総会で、参加者は30名強。来賓は、関越中央病院副院長、同病院の事務局長、県立小児医療センターN先生、県議会議員H氏、県健康福祉部障害政策課次長N氏、と多彩な顔ぶれでした。
第1号議案の「平成24年度事業報告」から、第5号議案の「平成25年度収支予算書」まで、全員の拍手をもって可決されました。

総会2

第2部の講演は、田中秀明先生の「ペースメーカーの用語(検査と手帳)」でした。

講演2

講演に続く「Q&A」には機器企業の技師5名も加わりました。
リード線の損傷はどんなイメージか?4年で電池が無くなり入替え手術を受けたが、電池消耗が早い原因は何が考えられるか?外部から充電できるペースメーカーは開発されないのか?等、活発に手が上がりました。
6月にも「ペースメーカー学習会」を開くとの予告が有り、16時少し前に、プログラムを全て終えました。(M)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

東京支部

Author:東京支部
PM友の会東京支部のブログへようこそ!
ペースメーカーに支えられた、いとしい命を精一杯大切にして、豊かな人生をおくりましょう。

 東京支部ホームページへは
 こちらから…
  東京支部ホームページへ


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
最新記事
最新コメント
Question
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター