第48回全国総会に参加しました

ホテルメルパルク

7月30日(日)初めての会場「ホテル メルパルク東京」(港区芝公園)には、蒸し暑い中、北海道から沖縄まで、全国から125名の会員が集まりました。

献花の台

前夜に開かれた「日髙 進会長代行お別れの会」には、会員だけでなく、親交のあった80余名の方々が3月に亡くなった日髙さんの功績を偲び集まりました。
花を手向け、想い出を語り、展示された記録写真を見、友の会にとって大きな存在だったことが再認識された夜でした。降り出した激しい雨は何を現したのか・・・・

会場風景

総会は、前年度に亡くなった84名の皆様への黙祷に続き、新会長の三井利夫先生のユーモア溢れるご挨拶で始まりました。
6項目の議案は熱心な討議の上、時間をオーバーして議決されました。

三田村講演

特別講演は、三田村秀雄先生の「突然死を救う市民のAED」でした。
近年普及が進んだAEDですが、使ってこその救命であり、それを使うのは現場の勇気ある善良な市民であること。
早ければ早いほど救命率が上がりその後の社会復帰にも大きな違いが出るとのお話でした。
救急隊を待つだけではなく、AEDを使う勇気を促されました。

質問と回答

「Q&A(質問と回答)」の壇上には、今年も13名の先生方が座られ、12問の事前質問と、会場からの質問に答えて下さいました。
今年から、座長が三井先生から川田志明先生にバトンタッチされたことも大きな変化でした。

懇親会場

「懇親会」は、初めての試みで、会場を移さずに同じ部屋を休憩時間中に模様替えして行われました。
会員、来賓93名が参加しましたが広い会場でゆっくり出来ました。
「青い山脈」の全員合唱で始まり、途中スクリーンに写真が投影され、「生きていてよかった展」が始まりました。
三井会長を始め3人が今まで生きていてよかったと思えたことを写真とともに披露する、感銘深いものでした。
締めくくりには「故郷(ふるさと)」の大合唱で盛り上がり、予定時間をかなり過ぎてのお開きとなりました。(M)

プロフィール

東京支部

Author:東京支部
PM友の会東京支部のブログへようこそ!
ペースメーカーに支えられた、いとしい命を精一杯大切にして、豊かな人生をおくりましょう。

 東京支部ホームページへは
 こちらから…
  東京支部ホームページへ


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリ
最新記事
最新コメント
Question
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター