早春へ、季節を遡る旅

5月20日(水)・21日(木)、奥信越の新潟県津南への一泊旅行に行って来ました。
台風7号の接近が心配されましたが幸いにも逸れ、当日は晴れ。
集合時間の9時より30分以上前から参加者が集まり始め、出発時刻前には、キャンセルや欠席者も無く、全員が集合。予定より早く関越自動車道を北へ向かいました。

バス

長距離の移動になる為、途中2回の休憩を入れましたが、博識なガイドさんの沿線説明に車窓からの景色の移り変わりを楽しんでいるうち、12時45分には昼食場所塩沢の「田畑屋」に到着。朝早くに家を出た人たちは名物の“へぎそば”山菜の天婦羅、茶碗蒸しを、かなりのボリュームでしたが完食。

へぎそば

2011年度都市景観大賞を受賞した、三国街道塩沢宿「牧之通り」を散策しました。
この通りは、江戸時代の雪の書「北越雪譜」を書いた鈴木牧之(ぼくし)にちなんで名付けられ、2009年に完成したものです。電柱も電線も地下に埋設され、積雪時期の通り道となる雁木も復元されています。

三国街道

「塩沢つむぎ記念館」では、素材の麻や蚕から織物が出来るまでの工程や、麻織物である越後上布を地機(居座機)で織る実演を見ました。
また、実際に両手両足を使った手織りを体験した会員もいました。

機織り

残雪と、木々の新緑、山の満開のコブシやみずきの花、水を張られた魚沼コシヒカリの田植え待ちの段々畑、早春の奥信越へバスは快調に進み、15時45分予定通り今日の宿「ニュー・グリーンピア津南」に到着しました。

ニュー・グリーンピア

展望大浴場でゆっくりと温泉を楽しんだ後は、大広間での夕食と懇親会です。

夕食

目の前で炊き上がる本場の魚沼産コシヒカリを味わいました。

コシヒカリ

夕食の後は、ミーティングルームに集まり、投薬処方の話や、ペースメーカー手帳の見方、電池の寿命について等、熱心な議論が交わされました。

翌日も天気は晴れ。新しく出来た観光地「見玉(みたま)公園」へ向かい、~津南グランドキャニオン~中津川渓谷の柱状節理(断崖絶壁)を対岸から見ました。
この崖は、およそ30万年前、苗場山(2,145m)の火山活動等により形成されたもので、中津川川床から約330mも上空に切り立っています。これは東京タワーとほぼ同じ高さです。

断崖

ここでは、満開の藤の花やアカシア、タンポポを見るだけではなく、山菜採りにも興じました。

山菜採り

まだ雪の残る見玉不動尊では、美味しい湧水を飲んだり、認知症に効くと言われ東京ではすっかり姿を消したエゴマが売店で売っていて、皆で買い占めました。

不動尊

昼食の「郷土料理・太平」では、コシヒカリの焼きおにぎりとお蕎麦がウリでした。

焼きおにぎり

最後の立寄り場所、「道の駅・南魚沼・雪あかり」には特産品直売所もあり、お土産をたくさん買い込みました。
また、ここからは残雪の山々を一望できました。

道の駅

17時半、予定通り新宿駅到着となりました。
盛りだくさんの旅でしたが、参加された会員の皆様、楽しんでいただけましたか?
担当役員の皆さん、本当にお疲れ様でした。(M)






プロフィール

東京支部

Author:東京支部
PM友の会東京支部のブログへようこそ!
ペースメーカーに支えられた、いとしい命を精一杯大切にして、豊かな人生をおくりましょう。

 東京支部ホームページへは
 こちらから…
  東京支部ホームページへ


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2015年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


カテゴリ
最新記事
最新コメント
Question
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター