ペースメーカー装着者のマナーについて、Mさんへの回答

ホームページの「問合せ欄」に以下のようなメールが届きました。
返信しましたが、何故かエラーで届きませんでした。
「日本心臓ペースメーカー友の会」の活動にも係ることですので、
ここで回答させていただきます。

【お問い合わせ内容】
この度、ペースメーカーを付けている方のマナーに関して意見を言わせて下さい。
今日通勤時、電車である女性にケータイをバックから出した途端に引っ張られ
「切れ!」と怒鳴られました。

そのあとも「優先席に近いんだからすいませんかごめんなさいだろう」と言われ、
呆気に取られて「は?」と言ったら「ペースメーカーが入ってるんだよ」といい
障害者手帳を見せてきました。

それを聞いて初めて、気づき「すいません」と言い携帯を切りました。
その後も因縁をつけてきて「あっちに行け」と言われました。

正直、この横暴で自己中心的な態度にびっくりしました。この協会が先陣にだって、
ペースメーカーマークや患者さんのマナー向上、一般の人の知識の向上を高める
ことはできないのでしょうか?

私も妊婦ですが、電車で大変なのは障害をもった方だけではないと思います。
もう少し人に理解を求めるのであれば、障害の方の節度ある態度が必要だと思います。

上記の意見をもとに、早急な対応をお願いいたします。

【回答】
M様、さぞ不愉快であったとお察しいたします。

先ず、M様が遭遇した女性は「日本心臓ペースメーカー友の会」の会員ではないと思われます。
当会では、定期的に開く、顧問医師やペースメーカーに精通した技師を招いての勉強会、講演会、会員の体験を語る会等を通して、会員が正しい知識を得て、安心と安全な生活が出来るよう活動しております。

新入会員の多くが持つ最初の不安が、携帯電話の影響です。
当会では勉強会や定期発行する会誌で、携帯電話の影響が限定される事を知らせ、会員の不安は解消されていますので、お会いになった女性はそれを知らない人だと思います。

逆に、携帯電話よりずっと影響が大きい、受けてはいけない医療、近づいてはいけない場所や物、注意して使うべき家電製品、等を知らせて、注意を促しています。

ペースメーカーが必要となった患者の症例や既往症は様々で、保護を必要とする人達も居ますが、基本的には、ペースメーカーを装着しているだけで、特別な保護や区別は、受ける必要が無いと考えています。従って装着者であることを知らせるバッジやワッペン等は作っておりませんし、作る予定もありません。

当会は任意団体であり、入会・退会は自由ですので、残念ながら会員でない装着者も多くいらっしゃいます。
これからも多くの装着者に正しい知識と情報を発信する活動を続けてまいる所存です。

もし、M様の周りに装着者、または適用を医師に言われている方がいらっしゃいましたら、「日本心臓ペースメーカー友の会」の存在をご紹介願えれば幸いです。(支部長)

プロフィール

東京支部

Author:東京支部
PM友の会東京支部のブログへようこそ!
ペースメーカーに支えられた、いとしい命を精一杯大切にして、豊かな人生をおくりましょう。

 東京支部ホームページへは
 こちらから…
  東京支部ホームページへ


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2013年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


カテゴリ
最新記事
最新コメント
Question
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター