「東京支部だより・No.29」を発行しました

支部報表紙

 2月に発行する「東京支部だより」は支部総会の報告がメインになります。
総会で議決された新しい役員構成も掲載しました。

 支部顧問医師である、西 裕太郎先生の総会での特別講演「心房細動に対する最近の治療」を14ページにわたり掲載しました。

100歳を迎えた、日野原重明先生の元気なご活躍ぶりと日野原先生の常日頃おっしゃる言葉のご紹介から始まりました。

*心臓の構造と機能。心臓を流れる電気等の基礎から心房細動と心房粗動の違いや危険な心室細動について。

*孤立性心房細動・発作性(一過性)心房細動・心臓の基礎疾患から起きる心房細動など、心房細動の種類と治療の考え方(生命予後の改善・QOLの改善)

*治療法(薬物療法・非薬物療法)についてと、問題点(症状があるか・長生き出来ないのか・脳梗塞になるのか)と治療のリスク(抗不整脈薬の効果と副作用・カテーテルアブレーションの効果とリスク・抗凝固薬の効果とリスク)

*抗凝固薬ワーファリンの発見と臨床応用。ワーファリンとアスピリンの作用の違い。
そして新たに処方が始まったダビガトラン(プラザキサ)とワーファリンの作用機序の違いやプラザキサの特徴についての解説

 同じく支部顧問医師の、中島 博先生の「勉強会」での「Q&A」を10ページにわたり掲載しました。

*ワーファリンやベプリコールを服用している人の食べ物に対する注意は?

*心房細動と診断され、電気ショック療法やカテーテル治療があると言われたが、その効果は?

*安定剤の継続服用は大丈夫ですか?

*ペースメーカーの交換時期が近づいたとき、どんな症状が出ますか?
等、に回答していただきました。

また、勉強会当日は時間が無くなり、省略した「電磁干渉」についての資料
☆ペースメーカー装着者が使ってはいけないもの
☆ペースメーカー装着者が使用に注意が必要なもの
☆ペースメーカー装着者に影響は少なく、通常の使用は安全なもの
☆ペースメーカー装着者に使用上の安全距離がある機器
を転記しました。

支部報目次

★支部会員以外で、「東京支部だより」No.29をご希望の方は、『お問合せ』からお申込み下さい。お送りします。(広報担当)

プロフィール

東京支部

Author:東京支部
PM友の会東京支部のブログへようこそ!
ペースメーカーに支えられた、いとしい命を精一杯大切にして、豊かな人生をおくりましょう。

 東京支部ホームページへは
 こちらから…
  東京支部ホームページへ


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2012年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -


カテゴリ
最新記事
最新コメント
Question
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター