スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東京支部だより」第41号を発行しました

支部報41

表紙は「第35回東京支部通常総会」(2017年11月23日)の会場、中野サンプラザ15階の窓からの眺望です。
メインの記事は、支部総会の報告で、平成29年度事業報告、同会計報告・監査報告、平成30年度事業計画、同予算書、と総会で可決された議案を掲載しました。
9月に開かれた『支部勉強会』での講演「ペースメーカーフォラーアップ」を採録し、ペースメーカーチェックではどのような事が行われ、手帳にはどのように記入されるか、その意味が解説されました。
また、同日行われた「AED講習会」についても掲載しました。
今号から、友の会特別会員の岡田昌義先生の『健康随想』を連載する事になりました。
第1回は「口腔乾燥症とは、一体なにか -その原因と予防対策-」です。

スポンサーサイト

「東京支部だより」第40号を発行しました

今号の表紙は「春の集い」(沼津方面日帰り旅行)の際に訪れた「沼津港深海水族館」のシーラカンスを冷凍保存・展示しているところです。 旅行の様子はカラー頁で紹介しています。

支部だより40

メインの記事は「支部総会でのQ&A」です。3月に逝去された日髙副会長が体調のすぐれない中、回答者として参加して下さいました。
今井靖先生、須磨幸蔵先生に機器企業から5名の方々にも加わって頂きました。
①電子カルテの運用状況
②リードレスペースメーカーの日本での普及と摘要される病状
③閾値の自動計測とは
④電気自動車(EV車)の注意点
⑤発作性心房細動と慢性心房細動の違いとカテーテルアブレーションの適用
等に答えて下さいました。

「茶話会」の報告は、第一部で2名の体験談発表と第二部のフリートーキングの情報交換です。
第二部ではペースメーカーを植込んで間もない人の素朴な疑問や不安に、経験に基づくたくさんのアドバイスが掲載されています。(M)

「東京支部だより・第39号」を発行しました

支部報39

今号の表紙は『秋の集い』の会場「讃アプローズ」がある帝国ホテル(日比谷)の全景です。『秋の集い』に参加しての感想や集合写真、スナップ写真、アンケート集計を掲載しました。

「第34回東京支部通常総会」(平成28年11月27日)の報告がメインで、平成28年度事業報告、同会計報告・監査報告、平成29年度事業計画、同予算書、役員改選と、総会で可決された議案を掲載しました。

9月に開かれた『支部勉強会』での庄田守男先生の講演「心房細動って、どんな不整脈?」の採録には、<心房細動とは><心房細動の原因><心房細動の発作パターン><心房細動の治療>と続き、カテーテルアブレーション治療について詳しくお話しされています。

同日に行われた「Q&A(質問と回答)」では、4月から実施される身体障害者手帳の再認定について、心房細動と心房粗動の違い、パーキンソン病治療で行われる脳深部刺激療法のリードやパルス発生器はペースメーカーと共存できるか、心房細動を予防したり治療したり出来る可能性を持つペースメーカーのプログラム設定、等について回答下さいました。

連載の「ペースメーカーとわたし」には、3名の方の体験を掲載しました。

表紙の他、「総会」・「講演」・「Q&A」・「懇親会」のスナップ写真もカラーで掲載しました。
(広報担当)

「東京支部だより・第38号」を発行しました

しぶだより


表紙の写真は、5月の懇親旅行で尋ねた五浦岬公園から撮ったものです。
5年前の津波で流された六角堂が再築されていました。

第38号のメインは、3月に開いた「茶話会」の話題です。

1.遠隔モニタリングシステムとはどんなものか
  体験談ほか

2. IH(電磁)調理器や炊飯器に参加者はどのように対処されているか
  等のレポート

その他にホットニュースとして
2016年4月に保険適用されることが決まった
「高周波ホットバルーンによる心房細動根治治療」についても掲載しました。
                                                       
                                                    広報





「東京支部だより・第37号」を発行しました

支部報No.37

今号の表紙は「秋の集い」の会場、スカイツリータウン・東京ソラマチ(墨田区押上)からの眺望写真です。好天に恵まれ、江戸文化の名残を感じる下町の町並みを一望できました。

「第33回東京支部通常総会」(H27/11/29)の報告がメインで、平成27年度事業報告、同会計報告・監査報告、平成28年度事業計画、同予算書と、総会で可決された議案を掲載しました。

中島 博先生による総会特別講演「私にはどうしてペースメーカが必要なの」と「Q&A」を28頁にわたり一挙に掲載しました。
 ペースメーカーが適応となる病気は?・本当に必要なリードは?・なぜ房室ブロックは危険か?・なぜ洞不全症候群の心室ペーシング率を下げなければいけないのか・ペースメーカー手帳のどこを見るべきか・医者にとって良い患者とは・『相談』:『診療』との違い、等、有意義な項目のお話しが有りました。

 「総会」・「特別講演」・「Q&A」・「懇親会」のスナップ写真は、カラーで4頁の豪華版(?)となりました。
(広報担当)


プロフィール

東京支部

Author:東京支部
PM友の会東京支部のブログへようこそ!
ペースメーカーに支えられた、いとしい命を精一杯大切にして、豊かな人生をおくりましょう。

 東京支部ホームページへは
 こちらから…
  東京支部ホームページへ


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
最新記事
最新コメント
Question
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。