スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「春の集い(日帰りバス旅行)」で日光へ

5月10日(木)平成の大修理を終え、2017年3月10日から再公開となった「陽明門」をメインターゲットに、「日光東照宮」へ行って来ました。

埼玉県支部と千葉県支部にも声を掛け、それぞれ5名と2名が参加して下さり、総勢32名となりました。
バスは、はとバスと共同運行の東武バスの定期観光を利用しましたので、一般のお客さんも一緒でした。

東武バス

8時20分出発予定でしたが遅刻者が有ったため、少し遅れての出発でしたが、道路は空いていて「いろは坂」もスムーズに通過し、予定通り「中禅寺金谷ホテル」へ到着。昼食はホテルの「ダイニングルームみずなら」でとりました。

ダイニングみづなら

一時降っていた雨もあがり、ダイニングルームでは瑞々しい新緑と中禅寺湖を眺めながら、コース料理を楽しみました。

昼食の後は「華厳の滝」の自由散策です。エレベーターで観瀑台へ降りると、中禅寺湖から高さ97メートルの壁を一気に落下する壮大な滝の迫力に圧倒されました。

華厳の滝

雪の残る「男体山」の雄姿も見ることが出来ました。

男体山

そして「輪王寺」から「東照宮」へ、きらびやかな金色と真っ白になった柱が印象的でした。

東照宮

「三猿」も「眠り猫」も見事でした。

三猿

眠り猫

旅の締めくくりは「二荒山神社」でした。ここまで歩いた歩数は、万歩計を見ると1万歩を超えていました。

二荒山神社

ご参加の皆さん、本当におつかれさまでした。
心配された天気にも恵まれ、予定より早く解散地の東京駅に着きました。快適で楽しい一日でした。(M)



スポンサーサイト

茶話会を開きました

3月18日(日)13時30分~、世田谷区の「経堂地区会館別館」で茶話会を開きました。

地区会館別館

寒暖差が激しく、春が待ち遠しい3月でしたが、当日は穏やかな一日となりました。
参加者は、会員と付添いで34名でしたが、世田谷区の区報に小さな「お知らせ」を掲載して頂いたために、問合せがあり、4名の会員外参加者がありました。

世田谷区報

談話のきっかけとして『遠隔モニタリングシステム』『心房細動とカテーテルアブレーション』の資料が配られ、先ず司会者から「遠隔モニタリングを行っている方は手を挙げて下さい」と声が掛かりましたが、挙手したのは1/4程度と、意外と少ない数でした。
遠隔モニタリングについて知らない方もいて、メーカーによるシステムの違いや、データー収集の方法、収集時刻の違いなどが説明されました。

遠隔モニタリング


『医療側から見た利点』『患者側から見た利点』『高齢化社会における利点』『医療費節減の可能性』についての説明もありましたが、体験者からは、
「ペースメーカーフォローアップ受診の待ち時間が短くなり、データーの内容説明も丁寧にしてもらえる」
「いつも見守られている感じで、安心感がある」
「受診間隔が1年に1回になり、楽になった」などの発言の一方、
「手間が掛かるわりに、自分にどんな利点があるか分からない」
「まだ、多くの患者のデーターを収集している段階だと思うので、協力しているつもり」
「先生とお会いする回数が減り、不安だ」との声もありました。
データー収集の方法は、メーカーによる違いが大きいようで、何もしなくても寝ている間に自動収集されている人もいれば、胸に機械を当てる必要がある人まで、まちまちでした。

「心房細動のある人は?」との問いには、80%位の手が挙がりましたが、その内カテーテルアブレーションを受けた事のある人は1/3程度でした。

体験談では、完治して何の薬も飲む必要が無くなった人もあましたが、心房細動が全く治まらず、病院不信になり、病院を代えて再挑戦する人、施術に8時間も掛かり、その間部分麻酔なので意識はあるのに全く身体を動かすことが出来ず、大変苦しい思いをした人など、多くの事例が上がりました。

大多数の人が抗凝固薬を服用しているようでしたが、ワーファリンの服用者はかなりの少数派になったようです。
新しい抗凝固薬NOAC(プラザキサ・イグザレルト・エリキュース・リクシアナ)を服用している人は多数派でしたが、エリキュースの人がやや多い程度で、偏りなく自分に合った薬が選択されているようでした。

その後、全員で自己紹介をして、病状のこと、聞きたいこと、アドバイスしたいことなどがたくさん出ました。

会場雑感

「ペースメーカーを入れていますがすこぶる元気で、外しても良いのかなと思う程です」
「植込んで40年以上になりますが、入れていることを忘れそうです」
と、順調な人も多く、新しく植込んだ人は安心感が得られたのではないでしょうか。
ペースメーカーは順調でも、糖尿病や癌などを併発している人のお話も聞けました。

交換時期は、「10年経過したがまだ交換すると言われていない」「13年半で交換した」等、
電池寿命はかなり延びているようです。

「MRI検査が受けられない」との不安の声もありましたが、
「古いリード線でも、MRI対応可能なものが有り、メーカーの再調査で可能なリード線は増えている。自分のリード線が対応可能か、メーカーに問い合わせてください」とのアドバイスが有りました。
また、「CTの技術は発達しており、CTで充分判断できるし、緊急時には撮影時間が短いCTの方が有利」とのアドバイスもありました。

皆さんの発言の中で、積極的に運動をしている人が多いことにも驚きました。
しかし、「手術後に左手を挙げないようにと言われたのがトラウマとなり、ずっと左手を肩より上にあげていない、網棚の荷物も右手で上げるし、暮れの大掃除も手伝ったことが無い」との発言には、
皆さんから「左手を使わないと肩が固まって余計に痛くなるのでどんどん使って」とのブーイング(?)
「今年から大掃除を手伝います」と約束させられていました。

活発な意見交換で、予定の終了時刻を30分ほど過ぎて「茶話会は」終了しました。(M)





伊豆「潮風館」一泊バス旅行中止のお知らせ

埼玉県支部と東京支部が共同で一泊バス旅行を企画しましたが、
残念ながら催行人員に達しませんでした。

誠に申し訳ございませんが、旅行を中止させていただきます。

新たな企画を検討し、またお誘い申し上げますので、よろしくお願い致します。

                                                    東京支部 支部長 村林 信一

伊豆「潮風館」一泊バス旅行<3月3日(土)~4日(日)>のご案内

初めての試みとして、埼玉県支部と東京支部が共同で一泊バス旅行を企画しました。
とは言え、今回は埼玉県支部が埼玉県の福祉バスと福祉施設を利用する旅行を全面計画して下さいました。

潮風館全景

場所は、東京支部でも利用したことのある静岡県伊東市富戸字先原の「潮風館」です。

あおぞら号①
あおぞら号②

利用するバスは、障害者の方々の社会参加を支援するため、株式会社武蔵野銀行から埼玉県に寄贈されたリフト付き大型バス「おおぞら号」(座席:29・車椅子席:2)で、バスの利用料は無料です。
(有料道路・駐車場料金、バス乗務員の食事・宿泊等は利用団体の負担)

●集合:3月3日(土) 午前8時30分 「武蔵浦和駅」(埼京線)
 
●コース
<往路>:午前9時出発→首都高速道路→東名高速道路→海老名SA→小田原厚木道路→真鶴道路→熱海ビーチライン→国道135号線一午後3時30分潮風館着(予定)
途中でトイレ、昼食休憩があります。

<復路>:午前9時30分出発→「象牙と石の彫刻美術館」休憩→ス力イライン天城高原IC→伊豆ス力イライン冷川IC→修善寺→伊豆中央道大仁南IC→伊豆縦貫道→東京沼津IC→海老名SA→東名高速道路→首都高速道路→午後4時30分出発地帰着(予定)
途中でトイレ、昼食休憩があります。

参加費:15,000円(宿泊、食事4回、美術館見学料含む) ※付添者も同額

参加ご希望の方は東京支部事務局へご連絡ください
*東京支部ホームページの「お問合せ」からメールでの申込もできます。

眺望
「潮風館」からの眺め



勉強会を開催しました

前日まで、台風の進路が東京にくるのではと開催を危ぶんでおりましたが9月18日の敬老の日は好天にめぐまれ暑い日となりました。
天候の不安定な暑い中、30名の参加者が<練馬区・光が丘区民センター>にお集り下さいました。心より感謝申し上げます。

秋の勉強会は「ペースメーカー外来では何を調べ、何が分かり、手帳にはどう書かれるか」「AEDの使い方講習」と、私たちにとっては有意義な勉強会です。
当初講師は日本光電株式会社・東京支社のH様でしたが、同社のT様とM様が見えられました。

手帳講習

初めにT様がペースメーカーの説明と、植え込み時に病院より渡された手帳の見方に関して丁寧に説明されました。
質問者が多々あり、日頃ドクターに聞くことの出来ないこと等スライドを使用して明快にお答えいただき参考になったと思います。
会員のかたより「本部より送られてくる『かていてる誌』に記事が書かれているときがある」とアドバイスがありましたので、他支部の記事の中の「手帳の見方」など参考になられたら良いと思います。

AED講習

つぎに同社のGP営業課のM様より「AED」の必要性と機器の説明があり、実技は2、3名の方が指導をうけ、ペースメーカーが入っていても救命には問題ないとのことで、今日の勉強が役立つ時があったら躊躇せず救命に参加しなければと、勇気を頂きました。

予定の時間をオーバーして午後4時に終了しました。
講師の方はさすがに私たちを飽きさせない話の進め方で、最後まで勉強できました。(Yukiko)

プロフィール

東京支部

Author:東京支部
PM友の会東京支部のブログへようこそ!
ペースメーカーに支えられた、いとしい命を精一杯大切にして、豊かな人生をおくりましょう。

 東京支部ホームページへは
 こちらから…
  東京支部ホームページへ


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
最新記事
最新コメント
Question
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。