勉強会を開きました

台風16号の去った後というのに、期待の青空は見えず、ひどい雨。
人が集まらず心配したものの、講演開始前には受付も混雑して、
60余名の参加者が配布された資料を片手に、席に付きました
 今回は、練馬区報に載せた記事を見た方が、20人も参加されました。

講師:庄田守男先生  東京女子医科大学 循環器内科 臨床教授
演題:「心房細動って、どんな不整脈?」


庄田先生には初めて講演をお願いしたのですが、大変気さくなお人柄の先生でした。

先ず最初に長寿率1位の長野県について話されて、考えられる理由は、
男女ともに就労期間が長いこと(77歳位まで仕事をしている)を挙げられ、
仕事や運動を続けることの大切さを強調されました。

 本題の心房細動についても,スライドを使って丁寧にお話をされて、
初めての参加者たちも熱心に耳を傾けていました。

庄田先生

 最近めざましい進歩を遂げているカテーテルアブレション治療についての内容は、
大変興味深いものでした。

 バルーンアブレーション技術の進歩で、今までは治らないとされていた心房細動も
90%は治るようになったので、決してあきらめないで常に前向きで、医師に相談して
くださいと結ばれました。

命には別条がないとは言っても、患者当人には本当につらい症状の心房細動です。
将来は、ペースメーカーを入れるか、アブレーションで治療するかを選択するような時代がくるのでしょうか。

後半30分は、Q&Aでした。

20160923_6.jpg


 講演内容の詳細は「かていてる」または「東京支部報 2月号」に掲載を
 予定しています。 ( 広報 )           

                                          
                                                  






勉強会のおしらせ

秋の勉強会を下記の様に開きますので、皆さまのご参加を
お待ちしております。

東京女子医科大学・循環器内科 臨床教授の庄田守男先生をお迎えして
「心房細動って、どんな不整脈?」と題して、不整脈のお話しを中心に、
ペースメーカーや心臓全般についての講演とQ&Aの会を開きます。
*当日は「ペースメーカー手帳」をご持参下さい。

              記
日 時 :  9月22日(木・祝) 13時30分~15時30分
場 所 : 光が丘区民センター 2階 心身障害者集会所
      練馬区光が丘2-9-5 電話:03-5997-7712
講 師 : 庄田 守男 先生
      東京女子医科大学・循環器内科臨床教授
     『心房細動って、どんな不整脈?』
会 費 :  500円 (当日会場で受付けます)

 *事前予約の必要はありません。

区民センター地図


   都営地下鉄・大江戸線「光が丘駅」の改札を出て右、
   地下通路のA2・A3出口へ進み(区民センター連絡口)の
   エレベーターで2Fへ

9月勉強会の予告

東京支部では、秋の勉強会を下記のように行います。
支部会員だけではなく、どなたでも参加できます。

区民センター

日 時:9月22日(木・祝) 13時30分~15時30分

場 所:練馬区立光が丘区民センター 2階 心身障害者福祉集会所
    練馬区光が丘2-9-5 電話:03-5997-771

講 演:『心房細動って、どんな不整脈?』 
    
講 師:庄田 守男先生 (東京女子医科大学・循環器内科 臨床教授)
     講演の後、庄田先生による「Q&A」(質問と回答)を行います。
     必ずペースメーカー手帳をお持ちください。
会 費:500円(当日会場受付へ、事前申し込み不要)

問合せ:PM友の会東京支部ホームページの<お問い合わせ>まで

区民センター地図

都営地下鉄・大江戸線「光が丘駅」の改札を出て右に曲がり、地下通路
をA2・A3出口(区民センター連絡口)に向かってお進みください。
区民センターのエレベーターに直結しています

茶話会を開きました

3月20日(日)1:30から、下北沢の“らぷらす”に於いて茶話会を開きました。
やっと春めいてダウンコートからも解放され、お彼岸と重なって心配された参加者も
51名と、ほぼ予測に近い人数が集まり、お茶菓子を用意した役員もほっとしました。
お知らせを掲載した「せたがや区報」を見て参加された会員外の方も数名あり
活発に意見交換をされていました。

DSCN0910.jpg


議題はまず配られた資料の【遠隔モニタリングシステム】についての説明と
実際に利用されている会員の話を聞くことから始まりました。
 この方は、何事にも大変熱心に取り組む会員で、このシステムについても、
別の会員が「使い方が分からない」と持参されたデーター伝送用の中継器を
見せながら、丁寧に説明をされました。
 「自分の身体を医師任せにしない」という考え方は、東京支部のホームページ
冒頭の言葉とも重なり、おおいに触発されました。

家庭で使うIH(電磁)調理器については、女性会員の発言が多く、利用者が
予想以上に多く驚きました。

又、日頃医師に相談しても聞いてもらえない悩みを切々と訴える方もあり、
解決はできませんが、話したことで少しは気が軽くなられたのかしら?と思っています。

「ペースメーカーを植え込んで、まだ2か月」という会員の方は受付でも、「傷口が
痛い痛い」と訴えていました。植込み歴35年の役員に「大丈夫よ、帰るころには
収まるから」と言われて、疑わしそうにしていましたが、閉会後はすっかり元気になって、
「参加して良かったです!」と明るく帰っていかれたのが印象的でした。

こういった誰にも相談できず悩んでいる方を、一人でも多く力づけてあげられたら、
この茶話会の目的は果たされたと思います。
 これをきっかけに、他の行事にも参加されて、PM仲間と話し合われることで
解決する事が多々あるのですから…。

会場を出ていく参加者の後ろ姿を見て、ほーっとしている役員の皆さん、
本当にご苦労様でした。  h.n

茶話会のおしらせ

春のひとときお茶を飲みながら、経験談を話し合う会を、
今年も企画しました。

日時 3月20日(日)13:30~15:30
場所 北沢タウンホール11階 らぷらす研修室 
     小田急線・京王線「下北沢」南口
会費 500円 (当日会場受付に)


今回のテーマは
1. 遠隔モニタリングシステムの活用
2. IH(電磁)調理器や炊飯器の家庭内における利用状況
3. 私の困っている事・聞きたいこと
4. 私の健康法 
                 などを予定しています。

医師は参加しませんが、経験者にも分からないことは、のち程、
顧問の先生に伺ってお返事できるように心掛けます。
予約の必要はありませんので、お気軽にご参加ください。
1人で悩んでいる方は、先輩方の経験を聞いて、きっと気が軽く
なられることと思います。

・会員の方は、会員番号をお忘れなく(受付が早くできます)
・会員外の方やペースメーカーを入れたばかりで不安な方も
 ご参加をお待ちしています。

【アクセス】
南口改札を出て左折 → スーパー・オオゼキに突き当たったら右折 → 
茶沢通りに出たら左折 → しばらく行くと左手が「北沢タウンホール」
(1階がバスのターミナルになっている建物です。)

北沢タウンホール
プロフィール

東京支部

Author:東京支部
PM友の会東京支部のブログへようこそ!
ペースメーカーに支えられた、いとしい命を精一杯大切にして、豊かな人生をおくりましょう。

 東京支部ホームページへは
 こちらから…
  東京支部ホームページへ


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カテゴリ
最新記事
最新コメント
Question
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター