日本不整脈心電学会学術大会

9月15日(金)、海からの風も心地よい、パシフィコ横浜会議センターで開かれた「第64回日本不整脈心電学会(JHRS)学術大会」に行って来ました。
「第10回アジア太平洋不整脈学会(APHRS)学術集会」と合同で開催されたため海外からも多くの参加者がありました。

会場入り口

看板

前もって、日本心臓ペースメーカー友の会会員として傍聴したいと事務局にお願いしておいたので、招待者受付でスムーズにエントリーでき、資料と記念のボールペンの入った素敵なバックを頂きました。

資料バッグ

数少ない(?)日本語のセッションの内、「不整脈治療における患者指導」と「遠隔モニタリングマネージメント」の2コマを聴講しました。

プログラム①

演者は5人とも医師ではなく臨床工学技士や看護師の方々で、より身近に話を聞くことが出来ました。
5ヵ所の病院に共通していたのは、ペースメーカー外来をチームで行っていることでした。医師・工学技士・看護師・栄養士・臨床心理士までが加わる病院もあり、「デバイス外来」という専門部署であったり、「心臓リハビリセンター」という名前で、ペースメーカー植込み前の「決断」へのサポートから、植込み後のフォロー(術後に渡されるパンフレットに書かれていない事も多く聞かれるとの事)も担っているとの話は大変羨ましいものでした。

また、遠隔モニタリングシステムも活用されていて、“胸郭インピーダンス”(初めて聞く言葉でした)のモニタリングで、70歳以上の高齢者に多い睡眠時無呼吸症の発見にも役立てているとの事でした。
札幌の病院では、コードレスペースメーカーの植込みを始めているとの興味深いお話しもありました。

会場①

プログラム②
プログラム③

遠隔モニタリングでは、送信してこない人が意外とあり、その多くは高齢者と独居者との話は身につまされた。
アラートの大部分はAF(心房細動)で、効率の上からもアラートを減らすことが大事で、抗凝固剤を服用しているかどうかがAFアラートをオフにするキーになっている事。また、同じ原因のアラートで、解決できたものもオフにするアラートの最適化に苦労しているようでした。

会場②

私の通っている病院では、遠隔モニタリングも対応しておらず、ペースメーカー外来では主治医とメーカーの技士さんが2部屋掛け持ちでチェックして早々に終わります。
病院による対応の違いがあまりに大きく、考えさせられる一日でした。(M)



「東京支部だより」第40号を発行しました

今号の表紙は「春の集い」(沼津方面日帰り旅行)の際に訪れた「沼津港深海水族館」のシーラカンスを冷凍保存・展示しているところです。 旅行の様子はカラー頁で紹介しています。

支部だより40

メインの記事は「支部総会でのQ&A」です。3月に逝去された日髙副会長が体調のすぐれない中、回答者として参加して下さいました。
今井靖先生、須磨幸蔵先生に機器企業から5名の方々にも加わって頂きました。
①電子カルテの運用状況
②リードレスペースメーカーの日本での普及と摘要される病状
③閾値の自動計測とは
④電気自動車(EV車)の注意点
⑤発作性心房細動と慢性心房細動の違いとカテーテルアブレーションの適用
等に答えて下さいました。

「茶話会」の報告は、第一部で2名の体験談発表と第二部のフリートーキングの情報交換です。
第二部ではペースメーカーを植込んで間もない人の素朴な疑問や不安に、経験に基づくたくさんのアドバイスが掲載されています。(M)

勉強会のお知らせ

秋の勉強会は、ペースメーカーやICD等のデバイスに精通されている、
日本光電東京株式会社の柊 次郎氏をお迎えして
「ペースメーカー外来では何を調べ、何が分かり、手帳にどう書かれるか」お話しいただきます。

PM手帳2


その後「AED(自動体外式除細動器)の使い方」の講習を下記のように行います。
会員以外の方でも参加自由です。

AED.jpg


日 時: 9月18日(月・祝) 13:30 ~ 15:30 13時より受付

場 所: 光が丘区民センター 2階 心身障害者集会所
      都営地下鉄大江戸線「光が丘駅」と地下で直結

講 師: 柊 次郎 氏(日本光電東京株式会社 循環器営業部・J-HRS-CDR)

参加費: 500円 (予約不要・当日受付けへ) 

会場付近の地図はこちら


多摩地区懇親会開催報告

初めての多摩地区懇親会を開きました! 

会場全景2
                                     

8月19日(土)午後1時30分より小平市の学園西町地域センターを会場とし多摩地区懇親会を開催しました。
多摩地区の会員でも訪れた事のない方がおられるとおもいましたが、
8月はお盆休みで利用者が少ないとのことで会場をとることができました。

案内版2

東京は連続19日も雨続きで日照不足が心配でしたが、久々に太陽が輝き出して
蒸し暑くなってきました。
知らない場所に迷いながらも定刻には皆さんが到着、久しぶりの集いが開かれ、
健康状態のことや心配なことなどがお菓子やお茶のサービスに舌つづみを打ちながらおしゃべりできました。
季節の果物もテーブルをかざりました。

合間に会員ではない特別ゲスト(小平市在住の“のこぎり奏者”)加藤様に
参加して頂き、皆“のこぎり”の珍しい音色に感動しました。

演奏2

加藤氏2JPG

終わりの時刻になりみんなで清掃をし、またの再会をと4時解散。
次第に天候があやしくなり5時ころには強い雨と雷がなりだし
帰路のみなさんが難儀したのではと案じました。
低気圧のせいですのでお許し下さい。

ささやかな会合でしたが楽しんでいただけたでしょうか。
欠席のはがきや電話を下さりました方、有り難うございました。
(担当:O.Y./F.M)

「多摩地区懇親会」のお知らせ

この度「地域懇親会」を開催することにしました。
多摩地区在住会員の皆様と交流を深めたいと思い
企画しました。

酷暑の中のひととき、ペースメーカーについて日頃の悩み等
お茶をしながら気軽に話合いをしましょう。
近隣の皆様のご参加を心よりお待ちしております。

学園西町地域センター


日時: 8月19日(土)1:30~3:30
  途中参加・早退も可です

場所: 学園西町地域センター(小平市)
     2階 第2娯楽室
     TEL 042-347-9100

アクセス:西武多摩湖線  「一ツ橋学園駅」 北口より徒歩7分
会費: 茶菓代 500円  (当日受け付けで)

申し込みの締め切りは8月14日です。
プロフィール

東京支部

Author:東京支部
PM友の会東京支部のブログへようこそ!
ペースメーカーに支えられた、いとしい命を精一杯大切にして、豊かな人生をおくりましょう。

 東京支部ホームページへは
 こちらから…
  東京支部ホームページへ


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリ
最新記事
最新コメント
Question
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター