あけましておめでとうございます

門松

今年も東京は晴れて、穏やかな新年の幕開けとなりました。
2019年も、平和で災害の無い年であるよう祈るばかりです。
各地で被害をもたらしているイノシシとも、仲良く共存出来ればと思います。

イノシシ

昨年、11月25日に開かれた「第36回東京支部通常総会」では、支部顧問の中島博先生に『あなたにとってのペースメーカ』と題してご講演をいただきました。
今回は、中島先生、庄田守男先生、今井靖先生と、顧問の三先生がご臨席下さり、『Q&A』も大変盛り上がりました。
講演とQ&Aの採録は「かていてる」「東京支部だより」に掲載予定ですので、ご期待下さい。

支部総会

今年、「友の会」は50周年の記念の年です。
東京支部も、役員改選で新たな役員も加わり、先ずは東京が幹事支部となって開催される、1月23日・24日の『第4回関東ブロック支部連絡会』からスタートです。
1月13日の「役員会」で準備の最終確認が行われます。
役員会は毎月、本部(世田谷区経堂)の事務局で開いています。サポーターとして、どなたでも気軽にご参加下さい。

今年も、よろしくお願い申し上げます。
支部長 村林 信一







平成最後の年を振り返って

平成の年も残り少なくなってまいりました。月日は容赦なく過ぎ去り、年頭の目標がほとんど達成できなかったことを自戒するばかりです。
ブログで一年を振り返ってみると、ご存知のように日本のみならず世界でもあまり良いニュースがなかったのではと思います。

そこで今回は過去を振り返るのでなく未来の事を書くことにしました。鬼とお読みくださる皆様に笑われそうですが少しでも良いニュースが多くなればとの願いを込めてみました。

◆障がい者が活躍できる社会
 障がい者の雇用率が法定どおりに達成される行政を期待します。

◆日本人アスリートの世界でのさらなる活躍
 大リーグの大谷選手が新人王に選ばれ、アイススケートでは紀平選手、坂本選手の活躍
 卓球の張本選手など若いアスリートが素晴らしい結果を出しました。
 2020年開催の五輪をひかえ更なる飛躍を望みます。

来年は災害の少ない、明るい年になりますように。11月にペースメーカーを入れ替えました。
4回目の手術でしたが医師をはじめ病院スタッフの方々、機器メーカーの方々にはお世話になりました。
無事新年を迎えられそうです。 (Y.O.)

第36回支部総会のおしらせ

第36回東京支部総会を下記の通り開催いたします。

日時:平成30年11月25日(日)
場所:中野サンプラザ (JR「中野駅」北口より徒歩1分)

総会      11階アネモルーム     10時30分~11時00分
講演会・Q&A    同 上        11時25分~13時10分
懇親会     15階エトワールルーム  13時30分~15時30分

中野サンプラザ

第一部  支部総会

第二部
特別講演
講師:一般財団法人日本デバイス治療研究所 専務理事
    日本心臓ペースメーカー友の会 東京支部顧問医師
       中嶋 博先生

Q&A
東京支部顧問
  一般財団法人日本デバイス治療研究所 専務理事  
          中嶋 博 先生
 
  東京女子医科大学 循環器内科 臨床教授
  信州大学医学部 循環器内科学 特任教授
          庄田 守男 先生

  自治医科大学 薬理学講座臨床薬理学部門
  (兼)内科学講座循環器内科学部門 教授
          今井 靖  先生

機器企業各社  代表様


第二部には、会員以外の方の御参加もお待ちしております。
*会員以外の方は、1,000円を添えて、受付迄お越しください
 (付添いの方は無料です)


第三部 懇親会




「東京支部だより」第42号を発行しました

支部報

今号の表紙は「春の集い」(日光日帰りバス旅行)の際に訪れた「華厳の滝」です。
旅行のスナップ写真はカラー頁で紹介しています。

メインの記事は、支部総会での今井靖先生の講演「心臓を知る、上手く付き合う」です。

※不整脈について、その種類と症状、心臓ペースメーカーが必要になる理由。
※「ペースメーカー手帳」に書かれている国際基準コードと記入内容の見方。
※患者自身が気を付けなければいけないペースメーカーの管理と定期検診。
※心臓突然死とICD(植込み型除細動器)の機能について。
※リード線の無い、リードレスペースメーカーについて。
※遠隔モニタリングシステムの機能と医師の対応。
※電磁干渉についての注意点。
※MRIが撮れるペースメーカーの普及と撮影可能な部位や対応できる病院の体制、手帳とカードをセットで携帯する必要性。
※「身体障害者手帳」の再認定について。
※頻拍とは、心房粗動・心房細動の原因と治療。カテーテルアブレーションについて。
※冠動脈疾患、心筋梗塞、狭心症について。症状の特徴と治療。
※心不全について。
※日々の生活で気をつけていただきたいこと。

と、幅ひろくお話しされた内容が21頁に亘り掲載されています。
また、挿入された図を分かり易くするため、これらの頁もカラーにしました。(M)


「春の集い(日帰りバス旅行)」で日光へ

5月10日(木)平成の大修理を終え、2017年3月10日から再公開となった「陽明門」をメインターゲットに、「日光東照宮」へ行って来ました。

埼玉県支部と千葉県支部にも声を掛け、それぞれ5名と2名が参加して下さり、総勢32名となりました。
バスは、はとバスと共同運行の東武バスの定期観光を利用しましたので、一般のお客さんも一緒でした。

東武バス

8時20分出発予定でしたが遅刻者が有ったため、少し遅れての出発でしたが、道路は空いていて「いろは坂」もスムーズに通過し、予定通り「中禅寺金谷ホテル」へ到着。昼食はホテルの「ダイニングルームみずなら」でとりました。

ダイニングみづなら

一時降っていた雨もあがり、ダイニングルームでは瑞々しい新緑と中禅寺湖を眺めながら、コース料理を楽しみました。

昼食の後は「華厳の滝」の自由散策です。エレベーターで観瀑台へ降りると、中禅寺湖から高さ97メートルの壁を一気に落下する壮大な滝の迫力に圧倒されました。

華厳の滝

雪の残る「男体山」の雄姿も見ることが出来ました。

男体山

そして「輪王寺」から「東照宮」へ、きらびやかな金色と真っ白になった柱が印象的でした。

東照宮

「三猿」も「眠り猫」も見事でした。

三猿

眠り猫

旅の締めくくりは「二荒山神社」でした。ここまで歩いた歩数は、万歩計を見ると1万歩を超えていました。

二荒山神社

ご参加の皆さん、本当におつかれさまでした。
心配された天気にも恵まれ、予定より早く解散地の東京駅に着きました。快適で楽しい一日でした。(M)



プロフィール

東京支部

Author:東京支部
PM友の会東京支部のブログへようこそ!
ペースメーカーに支えられた、いとしい命を精一杯大切にして、豊かな人生をおくりましょう。

 東京支部ホームページへは
 こちらから…
  東京支部ホームページへ


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2019年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリ
最新記事
最新コメント
Question
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター